子育てやもめの常識その1

赤ん坊の時が一番かわいかったよね。

誰でもそうだと思うけれど、それぞれ自分の常識というものがあってだな。

ひとり親になると余計こう敏感になった者だ。

相談できる人がいない。いや、見つけたくない、そんな頑なな心境の時もあったな。ってこの事件を知って思ったよ。

それは成長するにしたがって徐々に学んでいくこともあるし、自分が痛い目にあって、その理不尽さに怒りを覚えたり、素直に親に教えてもらったりして覚えていくことなんだ。

その成長に関わって来てくれる他の人もなく体験する場面にも遭遇することなく身体だけが大きくなってしまった子供なのじゃないかな。

ってモアイは思う。

で、あるならば何でもかんでも学校に任せてしまうわりに何かされると教師側だけに責任を押し付けるような風潮があれば、人様の子供を預かっているんだから、と責任問題にならないようにだけする。そんな対応にもなってしまうだろうな。

そうなれば、暴力であることに間違いはないのだから通報するしかあるまいよ。

万引きをして警察に通報されたら「子供の将来が台無しだ」とか怒るって、それ窃盗ですから。

その判断をできるようにもならずに大人になったら、もっと痛い目に会う子になってしまう。

その子を死ぬまで面倒見てやれるわけではないのだ。まして子供が先に逝くなんてことの方が恐ろしい。死ぬ順番をよくよく考えて、自分がいなくなった世界で本人が困らないように成長させるのが親、だよな。もうさ、自分しか親はいないんだからってな。

モアイはそう思うのだ。

福岡県の私立高校で起きた事件を取り上げた。男子生徒が授業中、23歳の講師に暴力を振るう様子をとらえた動画がSNS上で拡散。 
通報を受けた警察により、学校側は事件を初めて把握し、生徒は傷害の疑いで逮捕された。動機として、「僕だけ注意をされるのに腹が立った」と語っていたとのことだ。

自分の子供でしょ?

って思う。

これ以上過激なことは書くまい・・・

もう大分前に亡くなっている父親から言われた一言がいまでも私の楔(クサビ)になっていることを思い出した。

いつか書く機会があるかもしれない。

ではまたね。