死別のやもめの罪

大罪とするかどうかは本人次第だろう。

長文になりそうなのでタイトルだけを覚書に入れておく、しばらく書けそうもないからね。