「生ききる」という納得

遺されたものの、、、

意地、、、かな。

生ききったろう、って。

あ奴ができなかった人生の面白みを全部、体験してやろうかいな。

そう思えるようになったら、それが一番良い結果なんじゃないかいな?

筆者はそう思うのだ。

やもめ?死別者?遺族?

おそらくいくつかの納得する方法があるんだと思う。

どんな納得でもよいと思うのだ。

他人にどうこう言われる筋合いもないだろう。

それがあなたの選択であるならば、それでいい。

そう思うよ。

がんばれや♪

ではまた

なぜ死別したのか?

なぜか?を見つけた本

死別後というのは、バランスがまったくとれない足場の悪い巨大な《?》という文字のてっぺんに乗っているようなもの、なぜ? なんで? どうして? 疑問ばかりだ。 その疑問、少しずつで良いのでこれからの自分の人生から取っ払っておきたいと思ったときにオススメする。 その他の死別の本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする