たまには泣く

年をとったということもあるのだろう。

テレビにしてもネットにしても家族の感動する話に、ときに涙を我慢できない時がある。

もう全員そろって何かを起こせるわけではないから、その喪失感がいやだ。

どんな努力をしてももう戻ってこないんだよな。と確認しなければいけない時が、いやだ。

まったく。

くっそう

なぜ死別したのか?

なぜか?を見つけた本

死別後というのは、バランスがまったくとれない足場の悪い巨大な《?》という文字のてっぺんに乗っているようなもの、なぜ? なんで? どうして? 疑問ばかりだ。 その疑問、少しずつで良いのでこれからの自分の人生から取っ払っておきたいと思ったときにオススメする。 その他の死別の本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする