幸せになりなさい

人間は1日に2万回ほど思考をするのだそうだ。

死別直後というのはおそらく80%くらい故人に向けているのではなかろうか? と思えるくらい辛いものではないだろうか?

助けられなかった後悔

自分だけ生き残ってしまった罪悪感

こういう思考がほとんどではないだろうか?

だから、あえて言う!

あなたは、幸せになりなさい

そう言いたいのだ。

彼かもしれない、彼女かもしれない、あなたが亡くしてしまったあの人は、あなたの幸せを願っていませんか? 考えてみてください。

そうすればわかる。

(でもね、たまにいる。願っていない故人もいるらしい、その話も近々書いてみよう)

時間が解決してくれるかもしれないし、思考の深さにもよるけれど、いつか、いつか楽になっていく。

時間がかかる、でhないのです。

時間を、かけても、良い、のですよ。

好きなだけかけてください。

だって、「死が二人を分かつまで」でいいんですよ。

結婚の時にそう誓って一緒になったのですよね。

その誓いが、、、

終わったのです。

神様だって認めているのです。

あなたが許せないのですよね。

自分をね

そう考えてみてください。

もう良いのです。

ふと思ったものですから、メモっておきますね。

ではまた。

筆者? 時間?

10年くらいかけたのだと考えていますよ。

なぜ死別したのか?

なぜか?を見つけた本

死別後というのは、バランスがまったくとれない足場の悪い巨大な《?》という文字のてっぺんに乗っているようなもの、なぜ? なんで? どうして? 疑問ばかりだ。 その疑問、少しずつで良いのでこれからの自分の人生から取っ払っておきたいと思ったときにオススメする。 その他の死別の本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする