心配しないで、100年後には誰もいないよ

そんな罪悪感に囚われないで、100年後には誰もいない。

大切なのは自分がいつか逝ったときの土産話をかき集めておかなきゃね。

二人して面白がって腹を抱えて笑えるくらいの話だよ。

先に逝ってしまった人への罪の意識を大事に抱え込んでいるうちに人生終わっちまうよ。

なぜ死別したのか?

なぜか?を見つけた本

死別後というのは、バランスがまったくとれない足場の悪い巨大な《?》という文字のてっぺんに乗っているようなもの、なぜ? なんで? どうして? 疑問ばかりだ。 その疑問、少しずつで良いのでこれからの自分の人生から取っ払っておきたいと思ったときにオススメする。 その他の死別の本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする