やもめの心話(第1段階)沈殿編

孤独死とはなにか? 葬儀とはなにか?

半分夢の中で、あの人のことを思い出していた。 孤独死について書いておきたい。と、ふと今朝の目覚めの時に脳みそがはっきり目覚めるまでに考えた。 忘れないようにとメモを取りながらあ、そういえばそれに続く葬儀のことも書いてお...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

【死後離婚志向】死別後には付き合う人も変わるもの

死生観も人生観もまったく変わる。 たいていの死別者にとって違うものに変わる!! 少なくとも筆者にとって劇的だったんだ。 変わって当たり前。 そう思っていて良い、その後も亡くなった相方の親族であったり、友人という関係...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

死別したあとにわかったこと1

特になにか悟りを開いたとか、物事の理を理解したとか、そんなところまでとても到達していないことは自分でもわかっているのです。 まだまだ先があるな・・・永いなぁ、と思うのです。 しかしたまたまさっきまで見ていたテレビ...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

《やもめのモアイ》が死別したときの話でもしてみよう

リニューアル後、しばらくぶりだ。 世の中には死別をしてやもめになったとかひとり親になってしまった人はたくさんいる。 「自分だけじゃないんだから・・・」 親を亡くした人も、ときには子供を、友人を亡くした。 同じだ。大切な愛する...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

女房を亡くした男は情けない?「なにかが必要なんだよ」

ここ2年ほど3年目に入ったところですけど、テレビ東京のけっこうファンになっておりましてね。 なんで良いのかって言うと、きっと、そんなに無理していないのかなぁ? そう思うんですね。出演している人も裏の指示で言っちゃいけないこととかないよ...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

やもめが新たな心境に達するために

こういう言葉を見つけました。 「『人は死んでも、心の中で生きている』そう思えるようになったらその死を克服したことになるだろう・・・」 筆者はこう思う。 「あの人は死んだ。確かに亡くなった、この世からはいなく...
沈黙の日本人

日本の政治・政治家の質は?

どうなのだろう? ここは筆者モアイがあの事件以降、素人なりに興味を持ち「少し学んで見よう」と考え出したのが始まり、それまでは全くと言ってよいほど興味を持たなかった、それよりも自分の生活だけが大切で日本のことはお上に任せておけばよいのだ。と...
沈黙の日本人

日本と斜陽なオールドメディア、マスコミ、マスメディア輩(ヤカラ)大戦?。どこが第4の権力なんだよ?どんどん陳腐化して消えていく、そのスピードは幾何級数的に増速。

なんにせよ ここは筆者モアイの学習覚書カテゴリー。 公共機関の一種で軽減税率が適用される新聞ですから、お名前出します宣言しておきます。 【新聞】新聞は最も速く情報市場から消えていくだろう。それで良いのだ!! この方達は...
沈黙の日本人

アメリカ合衆国:米(アメリカ)

沈黙の日本人

【中華人民共和国・支那】

中国・支那
やもめの心話(第1段階)沈殿編

死別して気になりはじめたこと

  神の前で「死が2人を分かつまで」と誓愛した女性、子を何人も生み育ててくれた妻が死に至りいろいろなことが変わったのだけれども、いくつか気になったことがあるものだから、思いつくたびに追記していきたい。 いったん逝ったらもう戻らないこ...
沈黙の日本人

「民主党」という名前は最初だけ威勢が良い腰砕け組織とか政権さえ取れればあとは大多数の国民なんて放置だ政党…そんなイメージしかない

日本では自民党の再生?によって恐怖の3年3ヶ月から救われたところが多々あると思うのですがトランプ氏の登場で「あぁアメリカも同じような状況なんだな」と感じている人が多いと思いますけど、いよいよどっかに魂を売った人々の終焉の始まりなのかも・・...
エンタメ感想文(小説・映画)

スカーレット・ヨハンソンが裸で突っ込んでったのに・・・

スカーレット・ヨハンソンって今はとにかくアベンジャーズですよね。私も好きですよ。特にアイアンマンの時の敵の牙城に突っ込んでいくときのアクション場面は必見です。 それにあとハルクと初めての対面で、あの恐怖と闘いながらハルクを説得する場面のあ...
エンタメ感想文(小説・映画)

彼にはまだ現実と重なっているのだよ

myjitsu.jp/archives/91715
沈黙の日本人

【日本と朝鮮半島:大韓民国・韓国】とは別離、決別のとき。互いに独りで生きる覚悟だけが必要なのだろう! (随時追記版)

ここんところTwitterに戻っていることが多くなりまして、私がここであぁだのこうだのと書いているよりもTwitterでフォローしている人々のTweetのほうがためになるな、と思いましてね。 またそこまで理解できるようになるまでには私自身...
世の中見聞録・やもおの学習帳

「令和」になったから? 栄枯盛衰、新旧交代、過渡期なの? 世の中も、日本も騒がしくなってきた。

  人の意識というのは、変わるときには一気に変わるのかもしれない。 例え意識していなかったとしても、大事件とか他国との大喧嘩とか改元とか外部からの刺激で、変わるのだろうなぁ。 ここのところ、世の中がいろいろ騒がしいのう。 ここに書き溜めて...