やもめの心話(第1段階)沈殿編

【死後離婚志向】死別後には付き合う人も変わるもの

死生観も人生観もまったく変わる。 たいていの死別者にとって違うものに変わる!! 少なくとも筆者にとって劇的だったんだ。 変わって当たり前。 そう思っていて良い、その後も亡くなった相方の親族であったり、友人という関係...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

女房を亡くした男は情けない?「なにかが必要なんだよ」

ここ2年ほど3年目に入ったところですけど、テレビ東京のけっこうファンになっておりましてね。 なんで良いのかって言うと、きっと、そんなに無理していないのかなぁ? そう思うんですね。出演している人も裏の指示で言っちゃいけないこととかないよ...
沈黙の日本人志向

出来得る限りまん真ん中にいたい、、、国会議員の国籍条項

令和になって考えたこと「出来得る限り真ん中にいたいのだ」 そんなふうに考えるようになりましてね。 ネトウヨとかそういうことではなくて日本人として生きていきたいし最期も日本人として迎えようと考えるのです。 そう考えるものですから改めて書き始...
沈黙の日本人志向

これからはたまにはに書きます。

「沈黙の日本人」はこれからはたまにTwitterにも書くことにします。 過去の記事は心境の変化からこのブログには合わないので一旦非公開にして改めて書いていきます。   これからの「沈黙の日本人」は「沈黙を破った日本人」へ(笑) であります...
やもめの心話(第1段階)沈殿編

「人生会議」ポスターをみて《やもめのモアイ》なりに思うこと

「人生会議」良いじゃないですか。 「平均寿命」よりも「健康寿命」を重視して生きていくキッカケにもなるでしょうし、どう生きていくのか? を自分自身に問いかけ考える良い機会だと思いますね。 永遠はありません。 人だっていつか必ず終わりは来る。 それが筆者の確信であり結論です。はい、間違いありません。
やもめの心話(第1段階)沈殿編

死別して気になりはじめたこと

  神の前で「死が2人を分かつまで」と誓愛した女性、子を何人も生み育ててくれた妻が死に至りいろいろなことが変わったのだけれども、いくつか気になったことがあるものだから、思いつくたびに追記していきたい。 いったん逝ったらもう戻らないこ...
物語の中で見つけた名言名場面メモ

スカーレット・ヨハンソンが裸で突っ込んでったのに・・・

スカーレット・ヨハンソンって今はとにかくアベンジャーズですよね。私も好きですよ。特にアイアンマンの時の敵の牙城に突っ込んでいくときのアクション場面は必見です。 それにあとハルクと初めての対面で、あの恐怖と闘いながらハルクを説得する場面のあ...
物語の中で見つけた名言名場面メモ

彼にはまだ現実と重なっているのだよ

myjitsu.jp/archives/91715
世の中見聞録

「令和」になったから? 栄枯盛衰、新旧交代、過渡期なの? 世の中も、日本も騒がしくなってきた。

  人の意識というのは、変わるときには一気に変わるのかもしれない。 例え意識していなかったとしても、大事件とか他国との大喧嘩とか改元とか外部からの刺激で、変わるのだろうなぁ。 ここのところ、世の中がいろいろ騒がしいのう。 ここに書き溜めて...
つらつらと フケるやもめの 活ける道(第2段階)

動揺すると・・・

ちょっと思ったのですが、何かで動揺すると回復するのに時間がかかるようになったなぁ・・・と感じるようになった。 まぁ、いままで最大の動揺ではないから時間を測れるのかもしれないね。   人生最大の動揺は”あの時”だけだから、彼女が死んだ時で、...
つらつらと フケるやもめの 活ける道(第2段階)

なぜアクション女優はカッコいいのか? 惚れて舞うのか? なんかのフェチなのか?

惚れて舞う、のだ。 そう舞うのだ、「うおーーカッコいい」と。 そんなアクションに惚れ込んだ女性たちは、   マトリクスの キャリー=アン・モス.が始まりかな。     ニキータのアンヌ・パリロー     最近ではワンダーウーマンのガル・ガ...
物語の中で見つけた名言名場面メモ

やっぱりモメてるの? 「空母いぶき」

あれからちょっと注目していた。 空母いぶき   ここの後半に書いていたので注目していたのだ。 書きっぱなしは良くないかな、と思ったので   映画の番宣がすごかった。 でも、話題のあの役者さんは筆者が見た限りではあるけれど番宣にも姿を見る...