訃報、葬儀と供養とお墓の話

お葬式は息を引き取るその前に嫌でも葬儀の準備を始めて正解でした。

まだ生前のうちに死んだときの準備を始める。それは遺族になるであろう人にとっては「人非人の所業」にも思えることだ。 故人になった人をしっかり送ってあげるためにも、おそらく喪主を務めることになる人は特に葬儀の準備を始めるべきだ
やもめ暮らし・ヒト・モノ・カネな話

愛している、は言えなくても「大好きだよ」だったら伝えられる。

「アイノカタチ」という歌を聴いていてフト思ったんです。 よく言われるのが日本の男性は「愛しているよ」と言わない、「言わなくても分かれ」相手に伝えることが大切だ。なんてね。 確かにな彼女の生前、あんまり言ってないかも・・・私はもう...
やもめの心話(第1段階:死別直後~三回忌)

【死後離婚志向】死別後には付き合う人も変わるもの

死生観も人生観もまったく変わる。 たいていの死別者にとって違うものに変わる!! 少なくとも筆者にとって劇的だったんだ。 変わって当たり前。 そう思っていて良い、その後も亡くなった相方の親族であったり、友人という関係...
やもめ暮らし・ヒト・モノ・カネな話

思いはいつも、なぐり書き! メモ帳 ワイド罫リーガルパッド

たいていの紙は、マッキーペンでなにか書き物をすれば当然裏写りしますよ。こういうくるくる落書きってスムーズに書けるけれど文字を書き入れるときはペン先が止まったり跳ねたりするわけなのでもっと汚くなって裏は使えないことにもなることでしょう。裏表印刷できるコピー機のコピー用紙でも同じです。
心に響いた物語と言葉

やもめが観て、心が楽になった映画の感動ポイントリスト

《やもめのモアイ》の心に残る映画を書いておきたいと想います。 おそらくこのブログを訪れる同じような体験をされた方には、同じような感動ポイントを持っているのではないかな、ですから同感なり共感なりを持っていただけるのかも知れません。 と思った...
やもめの心話(第1段階:死別直後~三回忌)

「生ききる」という納得感で最期まで頑張るんだよ。

遺されたものの、、、   意地、、、かな。   生ききったろう、って。   あ奴ができなかった人生の面白みを全部、体験してやろうかいな。   そう思えるようになったら、それが一番良い結果なんじゃないかいな?   少し元気が出せるよね。 ...
やもめの心話(第1段階:死別直後~三回忌)

【やもめの罪悪感と後悔と、その解決方法】「あの治療法は間違っていたの?」「私といなければ、まだ生きていたのでは?」

戦場の兵士の戦友同士で関係で発症するPTSDと夫婦の一方が死に至る病である癌等に冒され回復することなく亡くなったときに遺された一方の心に遺るキズは似たような症状でその病から脱出するには相当の時間や心構えのようなものが必要なのです。
やもめの世の中見聞録(第3段階:解放・再生・新生)

「ゲス不倫」ってね、、、あの、ゲスはゲスでゲショ?

何かこう浮気は不倫よりも少し軽くて一時的な暴走というか愚かな行動?のような・・・ 不倫はもう修復し難いところまでのめり込んでしまっていて、本気?離婚覚悟? 浮気であればまだ修復できる可能性が残っている。
死別のやもめ再婚

こんどは送ってくれよ順番だろ

一度はしっかり最期まで送ったんだから、次は先に逝かせてくださいよ。   この世で再婚でも来世での最期くらいな。   そういう巡り合わせがあっても良いじゃんか神様!     そんなことをたまに考えたりします。 きっとそういう決まりになってる...
やもめの世の中見聞録(第3段階:解放・再生・新生)

そうそうネット上のデマって・・・

なんかのニュースで読んだんですけれど、「ネット上のデマを規制する」とかなんとかで新聞協会?(間違っていたらごめんなさいなんですが)が総務省に要請したとかしないとか。 感想なんですけど、「遅いなぁ、遅れているなぁ、自分たちは絶対正しいみたい...
やもめの心話(第1段階:死別直後~三回忌)

言葉に気をつけろ!!

心の中ではまだ死んだことを認めたくない? 諦めていない? そのへんにいるような。 魂だけでもそばに居てくれるような気がしているかもしれないですね。 そんな心の状態のときに周りにいる人からの一言というのは心に刺さる、簡単に刺されて血だらけで...